暗渠管

水はけの悪い庭を改善!DIYで簡単にできる方法

庭 の 水はけ を 良く する diy

 

 

庭の水はけが悪いと、雨が降った際に地面がぬかるんで靴が汚れたり、水たまりができたり、虫やカビが発生したり、植物が育ちにくかったりと、さまざまなデメリットがあります。

 

庭の水はけが悪い場合に、どのような改善方法があるのでしょうか。

DIYで手軽に改善できる方法もご紹介するので、庭の水はけの悪さで困っている方は参考にしてみてください。

 

 

目次

     

     

    庭の水はけが悪い原因

     

    庭 の 水はけ を 良く する diy

     

    庭の水はけを良くするために有効な計画を立てるには、「なぜ庭の水はけが悪いのか」という原因を特定しなければいけません。

     

    原因が分かって、初めてどう対策していけばいいのかを考えられます。

    庭に以下のような特徴がないか、確認してみましょう。

     

     

    原因①粘土質の土で雨水が浸透しない

    庭の水はけが悪い原因として、1番多いのがこちらです。

    粘土質の土は粒子が非常に細かく保水力が高いため、雨水が地面に浸透しづらいという特徴があります。

    そのため、日当たりは良くてもなかなか庭から水が引かず、自然に水分が蒸発するのを待つしかありません。

     

     

    原因②庭にデコボコがあり、水が溜まりやすい

    水は高いところから低いところへ流れていく性質があるため、へこんでいる場所に水が溜まりやすくなります。

    擁壁やブロック塀の周りなどは、庭の中でも特にデコボコができやすい場所です。

    擁壁やブロック塀を設置する際には、周囲の土を掘り起こして埋め戻さなければいけません。

    その工程によって周辺の土の強度が弱まり、雨でへこんでしまい水が溜まりやすくなってしまうのです。

     

     

    原因③水勾配が取れていない

    「水勾配(みずこうばい)」は、水を流すための傾斜のことで、雨水などの不要な水を排水する役目を持っています。

    庭の外に上手く排水するように地面を整えることを、「表面排水」といいます。

    表面排水をうまく機能させるためには、水勾配を取って、庭の外に水を流すようにすると良いでしょう。

     

     

     

    DIYで簡単にできる改善ポイント

     

    庭 の 水はけ を 良く する diy

     

    雨水桝のフタを交換する

    「雨水桝(うすいます)」とは、雨樋から流れてきた雨水を排水管に流したり、一時的に水を貯めておいたりする機能を持つ装置のことです。

     

    この雨水桝が周囲の土地よりも低い場所に設置されている場合は、雨水桝の蓋を穴の空いた格子状のものに交換することで水が雨水桝に流れ込みやすくなり、水はけがかなり改善されることがあります。

    雨水桝の蓋はホームセンターなどで比較的低価格で購入できて自分で交換可能なため、比較的簡単に対処できる方法です。

     

    ただし、雨水桝が設置されている場所が周囲の地面より高い場合には、配管工事等も必要となってくるため、業者に依頼することをおすすめします。

     

     

    水勾配をつける

    庭の表面にデコボコがある場合には、へこんだところに水が溜まらないよう平らにしましょう。

    また、雨水桝や排水口に水が流れていくよう緩い傾斜を作ると、水はけが改善されます。

     

    庭の整地作業を自分で行うためには、土を掘り起こすための剣先ショベルや表面をならすための角ショベル、へこんだ場所を埋めるための土、掘った土を運ぶための一輪車などの道具を用意してください。

    これら全て買い揃えても、専門的な機械などではないため、比較的安価で購入ができます。

     

     

    砂利と防草シートを敷く

    簡易的に庭の水はけを改善させる方法として、地面に防草シートと砂利を敷くという方法もあります。

     

    庭の水はけを良くするための根本的な改善方法ではありませんが、砂利が地面の隙間を埋めてくれ、水が溜まっていても目立ちにくくなるでしょう。

    砂利を敷くことで地面から高くなるため、上を通った際に地面のぬかるみも気にならなくなります。

     

    敷くのに必要な砂利の量の目安は、「面積×厚み×20=必要な砂利量(kg)」で算出できるため、参考にしてみてください。

     

     

    それでも庭の水はけが改善しない場合は、業者に頼もう

     

    庭 の 水はけ を 良く する diy

     

    庭の水はけの悪さが深刻で、かつ、改善のために根本的な手段が必要な場合には、業者に依頼した方が良いでしょう。業者への依頼には、仕上がりが美しくなることや期間が短縮できること、専門的な工事が可能、といったメリットがあります。

     

     

    暗渠排水で水はけを改善

    「暗渠(あんきょ)排水」とは、地中にパイプを通すことで、そこから水が流れるようにする排水方法です。

    土の中に溜まった水を側溝や下水に流してくれるため、水はけの改善効果はかなり期待できます。

     

    しかし、地中深くにパイプを通す必要があるため、重機で地面を掘り起こしたり、庭に芝生を敷いている場合には芝生を剥がしたりと、比較的大掛かりな工事が必要となります。

     

     

    土の入れ替え

    庭の土が粘土質で水はけが悪い場合には、土の入れ替えで改善できるでしょう。

    重機などを使って現在の土を掘り起こして水はけの良い土を埋め戻す作業で、なおかつ掘り返した残土も処分しなければならないため、DIYではなかなか行えない作業です。

     

     

    コンクリートやタイルで表面を覆う

    土を入れ替えるのではなく、土を見せないよう表面をコンクリートやタイルで覆ってしまうという方法もあります。

    水はコンクリートやタイルの表面を流れ、雑草を除去する手間もなくなります。

    しかし、コンクリートを流し込んだりタイルを貼ったりする作業も、DIYでは行えない専門的な技術が必要となります。

     

     

    まとめ

    水はけが悪い際に、手軽にDIYで直せる方法と、業者に依頼すべき方法の違いをご紹介しました。

    水はけの改善を依頼できる業者としては、配管業者や土木業者、造園業者、外構業者などが挙げられ、もちろん弊社「ニホン・ドレン」にも依頼が可能です。

     

    さまざまな水のトラブルに対応した施工事例を掲載したページなどもありますので、ぜひ参考にしてみてください。